ドコモ docomo HUAWEI dtab d-01Gで海外テザリング

今回、海外で使用する機会があり試してみました。

(格安simでテザリングも同様です。)

条件

1.d-01G simロック解除品(ドコモ系格安simを使用の場合不要)

2.使用場所 - カンボジア

3.プリペイドsimメーカー :Smart AxiataがLTEサービス

そのほか、事前情報

・smartのsimはAPN設定はなんでも使えるという噂

・smartはdocomoの国際ローミングサービス対応メーカー

このことより、d-01Gはsimロック解除してあれば、そのまま使える可能性およびテザリングも可能という情報が、ネット上にありました。

 

しかし、結果は smart sim でLTE使用可 テザリングはダメ でした。

いろいろ調べてみると、やはりテザリングするとAPNがspmode.ne.jp → dcmtrg.ne.jp

書き換えられてしまうのが影響していると思われます。

書き換えられてもsmart simは大丈夫という噂は、自分のd-01Gでは当てはまらないということです。

それでは、テザリングするとAPNがspmode.ne.jp → dcmtrg.ne.jp書き換えられるのを防止する方法ですが、

ドコモのスマホでテザリングを有効にしたときAPNを切り替えない方法   を参考にパソコンにAndroid SDKを使えるようにします。

次に、 はんぺんの備忘録  でバッチファイルをダウンロードします。

解凍後d-01Gを接続してUSBデバックにチェックし、解凍されたホルダー内のp-02e.batをクリックしてコマンドプロンプトを起動します。

これで、エラーが出なければ準備完了です。

 

あとは、コマンドプロンプトに入力します。
adb shell
settings put global tether_dun_required 0
と、一行ずつ入力して完了です。

ちなみに、戻す場合
settings put global tether_dun_required 1
で戻るようです。

「ドコモ docomo HUAWEI dtab d-01Gで海外テザリング」への1件のフィードバック